ゆとり世代がゆとり世代に伝える!難しいと思われがちな退職時の手続きを分かりやすく説明!

会社を退職するときの年金、保険の手続き難しそうと思っているそこのゆとり世代!大丈夫です。超ゆとり世代の私がいろいろ手続き出来たのでそこのあなたにも出来ます!そのために手続きのあれこれを簡単に分かりやすくまとめました!

退職の時の上司とのやりとりはどうすればいいのか不安ならば「20代で退職したい人必見!社会人3年目が退職したら?上司とのやり取りをゆるく説明します」をチェック!

①退職届・退職願を提出する(会社によっていらないところもある)

まず辞めることを上司に言いますよね。そしたら会社によって「退職届を出して」と言われるかもしれませんのでその時には書いて提出してください。ちなみに私の会社は必要ありませんでした。

書き方はこちら「退職願・退職届の正しい書き方」をチェック!

②返却物を返却する!(忘れないように)

制服やネームプレートは最終日まで使うので最終日に返してください。その他の名刺や備品は返せそうならはやめに返してたほうが忘れませんよ!

会社によって返却物一覧とかをもらうこともあるのでそれを見ながら返してください。

  • 制服(クリーニングしてと言われることもクリーニング代自己負担😢)
  • ネームプレート
  • 襟章
  • 名刺
  • 定期券(最終給料日で自動回収されるからはやめに定期券を解除してたほうがいいかも!)
  • 備品
  • 書類(社外秘のテキストなどはもちろん、いらなくなったプリント系はちゃんとシュレッダーで!)
  • カギ類
  • 保険証(会社の保険を任意継続するか、国民健康保険にきりかえるか決められるがどっちにしろ今までの保険証は返す!)

③会社から必要な書類をもらう!

ここがゆとり世代にとって「はっ?」って感じだと思うので詳しく説明します!

1.離職票2種類(失業保険が欲しいなら必ずもらう)

まず失業保険って知ってますか?毎月雇用保険が給料から自動的に引かれてたら失業保険をもらえます(※満6ヶ月以上加入していないとダメだよ!)ハローワークに行って手続きをするのですがそのために必要なのが「離職票」です。失業保険をもらいたかったら「離職票ほしいんですけど・・・」と上司に絶対言っておきましょう!希望すれば郵送で2種類届きます。

失業保険の手続きの詳しい流れが知りたい方は「社会人3年目が退職して失業保険をもらいに行った流れ!」をチェック

2.雇用保険被保険者証(再就職の時に必要になるので保管を!)

退職後に会社から郵送で送られてきます!小さなペラペラの紙ですが再就職するときに再就職先から提出を求められるので必ずおうちで保管しておきましょう!

3.源泉徴収票(年末調整で必要になるので保管を!)

源泉徴収票とはあなたが会社を辞めるまでの1年でこのくらい収入があり、このくらい所得税や住民税を払いましたよ!というのがのっている紙です。これは再就職した際の年末調整で提出を求められるので必ず保管をしておきましょう!もしその1年再就職しなかったら自分で年末調整をする「確定申告」をしなければなりませんのでその時も必要です!

4.年金手帳(再就職の時に必要になるので保管を!)

これも会社が保管している場合がほとんどです。あなたが働いている間どのくらい年金を払っているか記入しています。退職の時に会社から郵送で返されます。再就職の時に提出しないといけないのでこれも必ず保管しておきましょう!また、郵送されてこない場合、退職した会社が保管してくれていると思うので再就職する前に電話して返してもらうようにしてください。

5.健康保険被保険者資格喪失証明書(国民健康保険にきりかえるならこれをもらう!)

なんか漢字がながいやつきたな!って感じだと思います。この証明書を説明する前にまず説明しないといけないことがあります。あなたが病院に行って保険証を見せると3割の料金で済んでいるのは知っていますか?それは

  • 国民健康保険
  • 会社の健康保険

のどちらかに入っているからです。正社員の方はだいたい「会社の健康保険」に入っています。そして退職の時に、

  • 国民健康保険にきりかえる
  • 会社の健康保険を任意継続する

ことを選べます。会社の任意継続するほうがお得と言われますが、今までの給料からはだいたい9000円(3年目は)保険料が引かれていました。ですが就業中は会社が半分負担してくれているからこの9000円ですんでいます。なので退職すると会社は半分負担してくれなくなるので全額負担=18000円毎月払わないといけません。なのでもしかすると国民健康保険に切り替えたほうがお得かもしれないので一度計算してみてください⇒国民健康保険料を計算してみる(世田谷区)

みなさんの前年の所得によって保険料は変わりますがちなみに私の場合、会社の保険料を任意継続すると⇒18000円、国民健康保険にきりかえると⇒15000円なので国民健康保険にきりかえました。

話が戻ります。じゃあ退職の時国民健康保険にきりかえよう!と思った時に必要なのが「健康保険被保険者資格喪失証明書」です。これを市役所に持っていきます!もし会社の保険を任意継続するなら会社に言って「任意継続用の書類」をもらってください!

〇まとめ

以上退職の時の会社の手続きを説明しました!特に書類系は再就職したら大切なものが多いので意味だけ理解してもらって、捨てずに!保管してください。

  1. 「離職票2種類」⇒失業保険が欲しいならもらう
  2. 「雇用保険被保険者証」⇒小さい紙、再就職の時に必要
  3. 「源泉徴収票」⇒再就職した年末調整で必要、再就職しなかったら自分でおこなう確定申告に必要
  4. 「年金手帳」⇒再就職の時に必要、送られてこなかったら「雇用保険被保険者証」と一緒に会社が保管してくれている可能性がある
  5. 「健康保険被保険者資格喪失証明書」⇒会社の保険から国民健康保険にきりかえるなら必要、会社の保険を任意継続するか、国民健康保険にきりかえるか計算してお得なほうを選ぼう!
退職の時の上司とのやりとりはどうすればいいのか不安ならば「20代で退職したい人必見!社会人3年目が退職したら?上司とのやり取りをゆるく説明します」をチェック!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)