【重要】脱毛サロン契約するならちょっと待て!家庭用脱毛器のほうが安く早く脱毛できる!

最近は全身脱毛するのが当たり前になってきましたね。デリケートゾーンの脱毛も少し前までは変人扱いされていましたが、今ではデリケートゾーンを整えたほうが清潔感がある!という印象になってきました。

なのでまだ脱毛したことのないあなたも全身脱毛に興味津々ですよね。もちろん全身脱毛は良いことしかありませんのでとてもおすすめです!カミソリや毛抜きですると毎日のケアが大変だしチクチクするし、良いことないですもんね。

なので今から脱毛サロンの契約をしようと思っている方がいると思います。でもその前に

ちょっと待って!

手軽で簡単にダメージの少ない全身脱毛できる手段が脱毛サロンだけだと思っていませんか?しかしそれは大きな誤解です!あなたは家庭用脱毛器の存在を知っていますか?家庭用脱毛器は少し前までは、機能性に不安な面もありましたが、今ではいろんなメーカーが良質な家庭用脱毛器を販売しています。

お店を持ってる脱毛サロンも家庭用脱毛器を販売していたりしてますよ。最近まで私も家庭用脱毛器の利便性を知らずに安易に脱毛サロンに契約して、家庭用脱毛器にしていればよかったな~とちょっと後悔している部分もあります。

なので今回は家庭用脱毛器のメリットをご紹介しますね。結論を先に言うとコスパを選ぶなら家庭用脱毛器のほうが良いです。

Amazonで家庭用脱毛器を見てみる

また、このサイトの後半で私がおすすめする「コスパ最強!?業務用パワーを実現した家庭用脱毛器」の紹介をしています!

☛家庭用脱毛器のメリット

脱毛サロンより優れている点をあげます。

①安い

一番のメリットは安いことです。脱毛サロンでの全身脱毛だとちゃんとした回数をこなしたい場合、一括払いで25万前後、分割払いにすると30万近くになります。私は某脱毛サロンでデリケートゾーンだけの脱毛を24回で契約しました。月7000円を36回払いで今も払い続けています(´;ω;`)手数料込みで総額25万円ですね。部分脱毛でもこれくらいするということです。

ではそれに比べて家庭用脱毛器はというと、大体のメーカーがなんと10万円以下で購入できます。照射できる回数はカートリッジ交換をすれば何回でも使える(交換用の維持費がかかる)ものから、カートリッジ交換は必要無く全身に十分照射できる回数が設けられているものがあります。コスパが良いですよね。

②部分ごとに計画的な照射ができる

脱毛サロンでは、デリケートゾーン24回、全身脱毛36回など毛が薄いところ(うで、ふともも)も濃いところ(わき、デリケートゾーン)も同じ分だけ回数制限があり、同じ数だけ照射されます。それだと毛が生えているところ、生えていないところのムラができてコスパが悪いと思いませんか?

実際、私はデリケートゾーンの脱毛24回で契約しましたが、VIOラインは毛根が強くて24回してもまだまだ生えてくる気配があります。しかし、背中や足は24回しなくても毛は目立たなくなりますよね。

そういう感じなので、家庭用脱毛器では毛根の強い所はより多めに、薄い所は少なめに照射と調整が効くのが良い所でしょう!

③お家で気軽に脱毛できる

脱毛サロンは店舗型&予約制です。大手脱毛サロンは全国展開しているとはいえ、人気なので予約するにもなかなか予約が開いてなかったりします。次に行けるのも2.3か月後というのも普通です。また、当日も急にめんどくさくなったり予定が入ったりするときもあるので定期的に通うというのが難しいです。実際私も何回かドタキャンしちゃっていました。

家庭用脱毛器は、シェービングと照射もお家で30分あれば出来るのでとっても手軽で自分の気分でできます!

④人に体を見られない

特にデリケートゾーンの脱毛は人にしてもらうには抵抗がありますよね。夏に脱毛サロンに行くときは、汗のにおいや蒸れも気にしないとって思います。

家庭用脱毛器は当然人に見られる心配はないので安心です。

⑤家族やカップルでシェアできる

コンパクトで使いやすいのが家庭用脱毛器なので家族と一緒に脱毛したり、男性のひげの脱毛も家庭用脱毛器で脱毛することが出来ます。二人で費用を分割すればより自己負担は安くなりますね。また、背中やお尻など自分ひとりじゃできないところは家族に照射してもらえれば問題ないです。

☛家庭用脱毛器のデメリット

家庭用脱毛器のデメリットもご紹介しておきますね。こちらも視野に入れて検討してみてください。

①永久脱毛するというわけではない

家庭用脱毛器は毛を細く薄く(産毛のような感じ)生え変わらせるのがゴールになっているので全く毛が生えてこなくなるというわけではありません。これは脱毛サロンも一緒なのを知っていましたか?

じゃあ脱毛する意味は?と思う方もいると思いますが、安心してください。最終的に産毛のような毛になるのでよく見ないと毛が生えているか分からないくらい薄く細くなります。見た感じは何も生えていないようなきれいなお肌に見えるということです。なのでお手入れする必要はなくなり、蒸れもなくなるのでとても快適になりますよ!

それでも、毛を全く生やしたくないそれは絶対条件という方は医療脱毛をおすすめします!

②照射は2週間~8週間は間をあける

これも脱毛サロンも一緒ですが、一回照射したら毛の生まれ変わりを待ってまた照射しないと効果が得られないので2~8週間は待つ必要があります。脱毛サロンは予約が必要ですが、家庭用脱毛器は空いてる時間に出来るので、予定を開けておかないと!と思う必要はありませんよ。

③手が届かないところはセルフでできない

確かに背中やおしりはセルフだと難しいので家族や恋人に手伝ってもらうといいと思います。また、背中の毛は真ん中よりうなじから肩にかけてのほうが生えているので、うなじあたりだとセルフでも手が届くのではないでしょうか。

④商品が多くてどれがいいのか分からない

家庭用脱毛器もいろんな種類が出ていたり、値段もピンキリなのでどれを選んでいいのか分からないですよね。迷った時は脱毛サロンが開発した家庭用脱毛器を購入することをおすすめします。プロが開発したので質も良く信頼も出来ます。

特に私がおすすの家庭用脱毛器がありましてコスパ面でも、機能面でも他社より圧倒的に優れているものがあるのでご紹介しておきます!

☛コスパ最強!?業務用パワーを実現した家庭用脱毛器

私がおすすめしたいのはずばり、、、

脱毛サロン「脱毛ラボ」が開発した家庭用脱毛器です!

脱毛ラボが開発した家庭用脱毛器のページに移ります☟☟☟


全国展開している脱毛サロン「脱毛ラボ」が開発した家庭用脱毛器になります。他社と比較的して優れている点をあげていきますね!

  • 脱毛サロンと同じ業務用パワー
  • 痛みが少ない冷却クーリング機能(自分で冷却&ジェルが不要)
  • 連射モードで全身脱毛を15分でできる
  • 1台で30万発の発射可能!(全身脱毛だと300回分、家族、恋人と共有できる)
  • 面倒なカートリッジ交換が不要(追加購入がいらない)
  • 高性能タッチセンサー搭載(顔や手や背中など凸凹部分もしっかりケア)
  • 脱毛サロンの1/4のお値段¥64,980!(24回払いだと月々¥2,708)

私が一番便利だなと思ったのは痛みが少ない冷却クーリング機能です。私が通っている某脱毛サロンでは機械に冷却機能がついていません。デリケートゾーンなどの毛根が強い所は照射するときにどうしても痛みがあります。

では、冷却機能がついていない脱毛サロンはどうやって痛みをやわらげているかというと照射前に冷え冷えの氷をあてて、冷たさで皮膚がマヒしてきた間に照射するというアナログなやり方でやっているのです。まず、氷あてられるのが冷たすぎてヒリヒリするのですが、氷を当てて照射しても結構痛かったりしますからね。

冷却機能の付いた機械で照射してみると分かるのですが、驚くほど痛くないです。なんで私の通う某脱毛サロンは冷却機能を全店に導入しないのか不思議なくらいです。

なので他社の機能にはついていない冷却機能がついている脱毛ラボの家庭用脱毛器はとても使いやすく羨ましいです。また、氷で冷やす時間もいらないのでより効率よく脱毛できるのも脱毛ラボの家庭用脱毛器のいいところですね。

あとは、30万発の発射ができるのもすごくないですか?全身脱毛だと300回分できるので十分に脱毛することができます(むしろ余るくらい)。余った分は彼氏のひげ脱毛に使ったり、家族と共有してもいいと思います。

私の通う某脱毛サロンはデリケートゾーンの24回分だけで25万円(36回払いで月々7,000円)です。しかし、冷却クーリング機能がついていて、なおかつ30万回分の発射ができる脱毛ラボの家庭用脱毛器はたったの

\64,900です!(24回払いだと月々¥2,780!)

とてもお買い得ですよね。自分で脱毛するのは難しいのではないか?いいえ、そんなことはありません。ただ光を当てるだけですからね。誰にでもできますよ!家庭用脱毛器を検討しているかたはぜひ公式サイトをチェックしてみてください!

家庭用脱毛器が脱毛サロンより優れている点をまとめました。もしこれから契約しようと考えている方は、家庭用脱毛器も視野に入れて考えてくださいね!

以上「【重要】脱毛サロン契約するならちょっと待て!家庭用脱毛器のほうが安く早く脱毛できる!」でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)