ウイルス性いぼ(ウイルス性疣贅)が液体窒素でも治らない!対処法

ウイルス性いぼ(ウイルス性疣贅)は液体窒素で治していくのが主流です。しかし、1年以上放置したウイルス性いぼは液体窒素だとなかなか治らないです。私も親指に二か所3~5年放置したいぼがあり、1週間に1回皮膚科に通って液体窒素で治療していたのですが、半年たっても治らなかったです。

まず液体窒素めっちゃ痛いですよね!よく半年も通ったな自分偉いって思います(いぼは治らなかったけど)。液体窒素痛すぎて挫折していぼとともに生きていく人もいるのではないでしょうか。でもウイルス性いぼってすぐ他の指に感染するのでやはり治したほうが良いでしょう。

経験上、出来たてのいぼは液体窒素1.2回の治療で治ります!なのでこれいぼかな?魚の目かな?と思ったらすぐ皮膚科に行くのが良いでしょう!

でもなんだかんだ放置して気付けば数年いぼと共同生活を送っている人もいるでしょう。また、いぼの治療を決意して皮膚科に通っているけど全然治らず挫折しそうな人も。。。

そんな方におすすめのいぼが一発で治る治療法があります。それが、炭酸ガスレーザーです!

私の3~5年放置した二か所のいぼも一発で治りました。その治療の経緯を教えます!

①皮膚科を予約!費用はどのくらい?

炭酸ガスレーザーは費用がかかりそうだと思うかもしれませんが、私の親指に出来た超特大のいぼ(3~4センチくらい)のいぼで7000円でした。そんなに高くないと思いません?液体窒素だと一回で800~900円だったので、液体窒素10回通うよりも安く済みます。液体窒素で治りそうになかったり数年放置したいぼなら治療法を素早く炭酸ガスレーザーに移行したほうが良いでしょう。

炭酸ガスレーザーの費用は病院によっても異なり10000円以上かかることもあります。そこで私が治療してもらった(7000円で済んだ)おすすめの皮膚科をご紹介します。

それが品川駅前皮膚科です。品川を含め支店が都内に4つあるみたいなので調べてみてください!ホームページのせておきますね。

私も品川駅前皮膚科で感染症いぼ→炭酸ガスレーザーという流れでネット予約しました。

ちなみに今回治療してもらったのは二か所目の2.5センチくらいの中くらいのいぼちゃんです。

②治療当日!麻酔を我慢すればあとはおまかせ

いよいよ治療日です。治療当日注意しなければならないのは”みんながみんな完治するわけではありません。もしかしたら再発するかも、その時はご了承ください”みたいな著名が必要なことです。調べたら7~8割は1回で完治するみたいなので治ることを願いましょう!

治療室に入ったらベットに寝転がって早速麻酔を打たれます。この麻酔が非常に痛いです!想像してほしいのですが、指先に注射を打たれるってことです。(ちなみに足よりも指のほうが痛いらしいです)

いぼの周りに5回くらい注射を打たれるのですが、初めの3回くらいまでが痛くてそのあとはすぐ感覚麻痺になるので大丈夫です。液体窒素が我慢できる人なら全然大丈夫です!

そのあとは感覚麻痺なので目をつぶってされるがままです。なんか機械の音がゴーっと聞こえるだけで何されてるか分からないし、全く痛くありません。2分くらいで全ての処置は終了しました。お会計は一個目のいぼと同じで7000円くらいでした。

これが治療したてほやほやの親指です!食後に飲む痛み止めをもらうので早めに飲みましょう!そうすればいっとき経っても少しジンっとするくらいで済みます。

③次の日、包帯を巻きなおしに再度病院へ

治療してもらった包帯は一日中そのままでお風呂の時も外しちゃダメです。次の日にまた病院に行って包帯を巻きなおしてもらいます。なので炭酸ガスレーザー治療する時は2連休はとっていたほうがいいと思います。

包帯を巻きなおしてもらう時に血が止まっているか確認と痛み止めが追加でいるかの確認があります。

それと今後包帯ぐるぐるするのは自分ですることになるのでやり方も教えてもらっておきましょう!塗り薬を患部に塗って、ガーゼで包んでシールの付いた包帯でぐるっと巻く感じです。

※閲覧注意

治療してもらった次の日の患部の状態です。ちょいグロなので閲覧注意です。結構な溝ができているのでこの穴に塗り薬をいれる感じで包帯します!

ちなみに痛みは全くないので安心してください。 若干にじんだ血がガーゼについたりしますが問題ないので大丈夫です。あまりに出血してたら病院行ったほうがいいかもですが。。。

④それから一週間後、カサブタ編

包帯を巻きなおしつつ一週間が経過した親指がこちら~

えぐられたような傷穴は無くなりました!(人間ってすごい)この状況はカサブタっぽくなっているのでただ無心で包帯を巻きなおす日々を過ごしていました。この時が一番血がにじんでたかもです。

⑤治療から二週間後、人間の治癒能力のすごさに拍手

治療から二週間たつとこんな感じでカサブタ感も無くなり、なんか赤いだけの状態になりました!もうこの状態になって血もにじまなくなったら包帯じゃなくて絆創膏で過ごしてましたね。包帯だとケガした感が強くて親指も使いづらいので絆創膏に変更してから快適でした。

ちなみにいぼの芯は残ってなさそうなので完治しているっぽいです。

⑥治療から三週間後、おかえり私の皮膚!!

治療から三週間もすれば、私の皮膚が帰ってまいりました。おかえりなさいませ!なんか跡は残るけど私生活には全く支障をきたさず、いぼがあった頃よりも気分も見た目も最高です。5年にわたる、いぼちゃんとの共同生活も幕を閉じました。さようなら。そしてもう二度と来るなよ(^▽^)/

〇まとめ:液体窒素で治らないと思ったら炭酸ガスレーザーに即移行を!

炭酸ガスレーザー治療経緯をご紹介しました。液体窒素で治らないなら炭酸ガスレーザーに即移行することをおすすめします。費用が高くなると思うかもしれませんが、液体窒素通い続けるほうが費用かかるのでやっぱり炭酸ガスレーザーに素早く切り替えたほうがいいですね。

液体窒素にするか炭酸ガスレーザーにするか迷うなら、目安として、一年以上放置したベテランいぼなら炭酸ガスレーザーに、一年未満の新人いぼなら液体窒素でもいいかもしれませんね!

ちなみにイボコロリとか他の方法で自分で無理やり治療しようとするのは本当に辞めたほうがいいです!私は治療法を模索していた時に自分でやろうとしましたが、それで別の指に感染しました。いぼちゃんはいぼちゃん専門家に任せたほうが良いです!

そんな感じで終わります。あなたのいぼも無くなりますように!

以上「ウイルス性いぼ(ウイルス性疣贅)が液体窒素でも治らない!対処法」でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)