社会人3年目が退社して「失業保険」をもらいに行った流れ!ゆとり世代退職者見て!

あなたが就業中給料から「雇用保険」が引かれていたら、退職したら「失業保険」をもらえます!(条件があるので確認する)条件が少しありますが、とりあえず就職して3年たっていたら「失業保険」はもらえます!なので3年働いて退職した私が失業保険をもらいに手続きしてきました!今からその流れをゆるく説明します。

①退職したら「離職票」を会社からもらう※2種類あるよ

失業保険はハローワークに行って手続きするのですが離職票というのが無いと手続き出来ません。「離職票」は退職した時に会社の人に「離職票ください!」と希望しないともらえないので必ず会社の上司に言っておきましょう!後日郵送で届くと思います。私の場合、3/26に正式退社して、4/10には届きました!

また、離職票は2種類届きます。ハローワークに行くと「離職票-1」と「離職票-2」と名称が分かれているのでとりあえず離職票が届いたら2種類あるか確認しましょ!

②「離職票」が届いたらすぐハローワークに行こう!必要なものを忘れないように!

離職票が届いたら暇な間にすぐハローワークに行って最初の手続きをしましょう。あなたの地域のハローワークに行ってください!

ではハローワークに行くときに必要なものはこちら!

  • 離職票-1(振込してほしい口座番号を記入する)
  • 離職票-2(ハローワークに行って説明があるので必要事項を記入する)
  • 証明写真2枚(縦3センチ、横2.5センチ)
  • マイナンバーカードか身元確認書類(運転免許証など)
  • 振込してほしい口座の通帳かキャッシュカード
  • 印鑑(訂正印で使うのでシャチハタ不可)

「離職票-1」と「離職票-2」はハローワークに行くと説明がのっているホワイトボードがあるのでそれを見てもらってその場で記入して下さい。

「証明写真2枚」は家で写真撮ってコンビニで印刷できる「ピクチャン」が200円とお得!なのでおすすめです。

ちなみに「振込してほしい口座のキャッシュカード」は、「セブン銀行」などネットバンキングはなんか手続き出来ないみたいなので「ゆうちょ銀行」や「みずほ銀行」など店舗がある銀行が良いですよ!

③実際にハローワーク渋谷に行って最初の手続きしてきました!

私の家の近くがハローワーク渋谷だったので実際に行ってきました。ちなみにハローワーク渋谷の失業保険手続きは3階にあります。必要なものを忘れずに!

まずは行くとホワイトボードにこの書類にこれを書いて~や、この日に失業保険の講習会とか認定日があるので予定をあけててください~みたいな説明が分かりやすく書いているのでちゃんと見てください。

  • 離職票-1になんか書く
  • 離職票-2になんか書く
  • アンケートにはい・いいえで答える
  • ハローワークカードを作るための書類を書く(希望職種や勤務時間など)
  • 失業保険の講習会の日程を確認
  • 認定日の確認

これを記入・確認したら番号札をとって待つ!呼ばれたら窓口に行ってください。

「失業保険の講習会」は私の場合、手続きした5日後の9:00から12:00までありました。窓口で説明されるので安心を!

また「認定日」というのは4週間に1回ハローワークに決められた時間に行かないといけないものです。もし短時間バイトや少しの収入を得たなら認定日にしっかり申告して、失業保険を受ける資格があることを4週間に1回確認しないと失業保険をもらえませんのでご注意を!ちなみに一番最初にハローワークに行って手続きした段階で認定日が決められます。初回認定日が水曜の人はこれからも水曜日になるのでもし都合悪かったら手続きする日をずらしてくださいね。

窓口で手続きを終えたら、

  • 雇用保険受給資格者のしおり
  • 認定スケジュール
  • 失業保険講習会の場所と時間の紙

をもらいます。そのあとに2階におりて「職業相談窓口」に行って、ハローワークカードを作ってその日は終了です!

④失業保険講習会に行きました!お話を聞いてね!

午前9:00~12:00までありました!ここで詳しい仕組みを説明してもらえます。特に注意して言われたのはバイトを申告しないなど不正受給はやめましょう!ということでした。

また講習会の受付で、

  • 失業認定申告書
  • 雇用保険受給資格者証

をもらいます!この2枚は次の認定日に必要なのでなくさないように。また講習会の時に記入方法と認定日の時の出し方を教わるのでしっかり聞いててください!

⑤認定日に行きました!必ず行きましょう!

講習会に行った約一週間後に認定日がありました。私の場合、10:30~10:50と時間が決まっているのでしっかり時間守って行きましょう。持っていくものは

  • 失業認定申告書
  • 雇用保険受給資格者
  • 印鑑

と、最初の手続きをした日から認定日までの前日までになにか収入があったら「失業認定申告書」に必要なことを記入して、もうひとつ「別紙」に詳しく働いた場所やいつどこで収入があったか記入しないといけないので要注意!

提出したのちに新しい「失業認定申告書」をもらいます。そこに次の認定日と時間帯が書いてあるので確認してください!

「別紙」は認定する場所のところにおいてあります!

⑥あなたの疑問を解決!詳しい失業保険の仕組みを説明します

〇会社都合退職と自己都合退職の違い

「会社都合退職」・・・定年退職、リストラ、倒産など会社のせいでやめざるを得なかったとき

「自己都合退職」・・・自分の都合で会社を辞める時

私の場合は、給料安いからやめよって感じだったので「自己都合退職」になります。なにが違うのかというと、

「会社都合退職」・・・失業保険をもらえる金額が割と高く、すぐにもらえる

「自己都合退職」・・・失業保険講習会の後の認定日から3ヶ月給付制限期間があるので給付がおそくなる

一番の違いは自己都合退職は3ヶ月の給付制限期間があることです。私の場合の例はこんな感じです。

4/11・・・初めての失業保険の手続き

4/16・・・失業保険講習会

4/24・・・初回認定日

(3ヶ月あき)7/24・・・認定日!(数日後に振り込みがある)

というスケジュールになります!自己都合退職は間が3ヶ月あるので給付が遅れます。ですがこの3ヶ月間の間のバイトや収入も「失業認定申告書」に書いて申告しないといけません!

〇3年就職した人の失業保険金額はどれくらい?

私は3年働いて自己都合退職で退職しました。私の場合は、

  • 給付日数(90日)
  • 基本手当日額(¥4700)

です。4週間に1回認定日があるのでおよそ1回の認定で最大¥131000もらえることになります。もちろんバイトで収入を得たらきちんと申告して、減額かその日の支給がなくなるという対処がされるのでこれよりすくないことになります。

〇給付制限期間中はアルバイトはしていいの?

アルバイトはしていいですが、その分減額かその日の支給がなくなる対処がなされるのできちんと申告しましょう!まず週20時間以上働くと雇用保険が発生するので週20時間以内のアルバイトをするようにしてください!そして減額とその日の支給がなくなる対処の違いは

  • 1日4時間以上の勤務・・・就職とみなされ、その日の支給はなくなる
  • 1日4時間未満の勤務・・・内職になり、減額して支給

の勤務により違ってきます。どちらも「失業認定申告書」と「別紙」に記入して申告しないといけないので勤務時間と収入額は覚えておきましょう!

〇認定日から認定日までに求職活動が必要!

認定日から認定日までの間に2回以上の求職活動をしないと支給されません。求職活動に含まれるのは以下のようなものです。

  • ハローワークで求職活動相談をする(パソコンでするだけじゃダメ)
  • ハローワークが実施するセミナーに参加
  • 求人へ応募

が主です。簡単なのは求職活動相談を窓口ですることです。5分くらいで終わります。希望職種、勤務形態、地域を言って調べてもらって求人票を印刷してもらって「検討します!」と言えば求職活動1回に含まれます。

ちなみに自己都合退職者の最初の失業保険の手続きから給付制限期間を終えるこの3ヶ月ちょっとの間は求職活動3回と決まっていますが、失業保険の講習会も求職活動1回に含まれるので給付制限期間後の認定日までに自ら行う求職活動は2回すればOKです。

4/11(手続き)~7/24(給付制限期間後の認定日)・・・求職活動3回

4/16(失業保険講習会)・・・求職活動1回分

~7/24までに残りの求職活動2回

その後、7/25~8/21(次回の認定日)・・・求職活動2回

になります。かしこい方は認定日を終えたそのあとに職業案内窓口に行って求職活動1回分を終わらせちゃう方もいます!

〇まとめ

以上失業保険の手続きから給付までの流れをまとめました。ぜひ参考にしてみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)