採用されていざ再就職!あとから困らないために必要な書類を確認しておこう!

前の職場をやめてからいろんな書類をもらったと思います。

退職時にもらう書類について分からなかったら「ゆとり世代がゆとり世代に伝える!難しいと思われがちな退職時の手続きをわかりやすく説明」を読んでください!

それから再就職が決まった方おめでとうございます!では再就職にも会社に提出しないといけないものがいくつかあるのでそれをまとめました。いざ提出するときにないと困るので持っていないものは前の会社に電話したりして事前に自分で保管しておくと良いですよ!

〇ほとんどの会社が提出を必要としているもの

①年金手帳

20歳以上になると必ず発行されるものです。今までどのくらいの年金をおさめていたかが書いてある手帳です。就職すると会社が保管してくれます。普通は退職すると郵送で返ってくるのですがたまに忘れて前の会社がずっと持ちっぱなしということもあるのでもし返ってきていない場合は連絡して返却してもらうようにしてください!

再就職が決まってからよりもはやめに返してもらって自分で保管していたほうが確実ですよ!

②雇用保険被保険者証

出典

雇用保険に入るために必要な紙です。写真のように小さな紙になっていますのでなくさないように注意してください!退職した時に年金手帳にはさまれて返ってきますが、年金手帳同様前の会社が返却を忘れている場合があるので返ってきていないときは、連絡して返却してもらいましょう。

雇用保険に入っていて失業した方必見!失業保険をもらうための手続きをわかりやすく解説しました!「社会人3年目が退職して「失業保険」をもらいに行った流れ!」 

③源泉徴収票

退職した時の最後の給料日に一緒に届くことがほとんどです。源泉徴収票とは今までにあなたがもらった給料や支払った保険料、年金などが書いており、再就職先で年末調整をしてもらう時に必ず必要になります。こちらも誤って捨てないように!また、再就職せず年末がきたら自分で「確定申告」を行わないといけませんよ。

④給与振込先の届出書

給料をどこに振り込むかを記入する用紙です。会社が用意してくれたものに書いてください。その時に通帳かキャッシュカードのコピーが必要な時もあるのでその時はコンビニでサクッと印刷してくださいね。

⑤マイナンバーカードかマイナンバー通知カード

⑥印鑑

〇会社によっては必要になる書類

①住民票

履歴書と同じ住所に住んでいるか証明するために会社側が求めてくる場合もあります。市役所で発行してもらいましょう!300円かかります。

②健康診断書

会社や仕事内容や年齢によって違いますが、会社が指定した病院で健康診断を受けることがあります。その時の診断表を提出しないといけません。健康診断の受診料は会社側が負担してくれる時もあるので確認してくださいね!

③卒業証明書

会社側から新卒(特に学卒)や第2新卒が卒業証明書のコピーを提出してほしいといわれることがあります。学歴が正しいかの確認をするからです。会社から言われたら提出しましょう。もし卒業証明書を無くしてしまったら学校に言えば再発行してもらえます!

④免許・資格の証明書

職種によって違いますが、車を使う仕事なら、「普通運転免許証」を、簿記の知識が必要な経理の仕事をするなら「日商簿記検定」の免許・資格の証明書を求められることがあります。会社から言われたら提出するようにしてください。

〇まとめ

ほとんどの会社が提出を必要としているもの

  1. 年金手帳
  2. 雇用保険被保険者証
  3. 源泉徴収票
  4. 給与振込先の届出書
  5. マイナンバーカードかマイナンバー通知カード
  6. 印鑑

会社によっては必要になる書類

  1. 住民票
  2. 健康診断書
  3. 卒業証明書
  4. 免許・資格の証明書

以上です。再就職してから準備するのは焦るので、事前に準備すると良いですよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)