低身長でぽっちゃりさん向け!着痩せするボトムスコーデのポイントを伝授!

低身長でぽっちゃりさんにおすすめの着痩せコーデをご紹介します!いつも体系カバーのために限られた服しか着られないと思っていませんか?そんなことはありません。あるポイントだけ抑えればいろんなパターンの服が着られます。それではそのポイントをご紹介します!

今回はボトムス編ですので「パンツ」「スカート」両方についてご紹介します。

〇ボトムス全体に言えることはこれだ!

パンツ、スカートどちらにも言えるポイントがあります。

  1. 一番細い「足首」を見せて細いアピール
  2. 「半端な丈」は逆に脚効果
  3. 「ハイウエスト」で脚長効果
  4. 「膨張服」は着太りするから避ける
  5. 「ベルト」を使ってひきしめ
  6. 「柄は小さめ」でスタイルアップ

以上⑥つです!このことを守ればきっと着痩せ効果抜群のファッションになります。ではそれぞれのポイントを「パンツ」「スカート」に分けて詳しく説明していきます。

〇「パンツ」はいくらでもスタイリッシュに出来る!

ボトムスは脚の形がはっきり見えるからなかなか着なかったりあるいは着てもぶかぶかなパンツを履いていたりしませんか?それではファッションを楽しめませんよね。それでは今からパンツを着るときのポイントをご紹介します!

①一番細い「足首」を見せて細いアピール

よく言われますが、一番細い部分の「足首」を少し出すことで全体が細く見えるというマジックをつくることが出来ます。なのでロールアップして足首を見せるか、アンクル丈のパンツを買ってくださいね!ワイドパンツでもロールアップして着ましょ!

②「半端な丈」は逆に脚効果

半端な丈は可愛かったりするのですが、着痩せファッションをしたいなら避けたほうがよいです。特に「ひざ丈」か「ふくらはぎの間」の丈は脚の中で太い部分が強調して出るので全体的に脚が太く見えるので避けましょう。

「ひざ丈」や「ふくらはぎ丈」は太く見えるので良くないといいましたが、逆に「ひざ上のショートパンツ」は脚全体が見えるので、逆に細く見えるので夏とかは思い切ってショートパンツにしてみてください!

ショートパンツを履くときに注意してほしいのが、「靴下の長さ」と「ヒールのあるパンプスを履く」ことです。「靴下の長さ」はやはり足が見える「スニーカーソックス」を履くのが良いですよ!スクールソックスくらいの長さだと半端で逆効果です。そして「ヒールのあるパンプスを履く」ことも大事です。ヒールのあるパンプスは脚長効果を助けてくれるので足を出すときはヒールを履きましょう!

③「ハイウエスト」で脚長効果

ハイウエストのパンツを着ることによって脚が長く見えます。私はお腹の細いくびれの部分でいつもボタンを閉じています。そうするとウエストも細く見えるので良いですよ。またハイウエストでおしりが気になるという方は、トップスを前だけインしておしりの部分はトップスを出せばおしりカバーにもなります!

④「膨張服」は着太りするから避ける

「膨張色」というのをご存知ですか?色の明るさからほかの色と比べて膨張して見える色のことを言います。膨張色には「白・赤・オレンジ・黄色」など暖色があります。そういう色のものをボトムスに持ってくるといつもより膨張して見えるので暖色系の色を履くのは避けたほうがいいです。逆に「収縮色」というのは小さく見えるので収縮色である「黒・青・紺・水色・青緑」などをボトムスにいれることをおすすめします。

特に収縮色のなかでも紺色が一番細く見えるので、デニムパンツを買う時は色が濃ゆい紺色を選ぶと良いですよ!

⑤「ベルト」を使ってひきしめ

ハイウエストパンツにベルトを使うとウエスト部分がきゅっと引き締まり、女性らしいラインが出来ます。ベルトは黒よりも茶色のような目立つ色をするとウエスト部分に目線が行くので脚から目をそらすことも出来ます。

⑥「柄は小さめ」でスタイルアップ

パンツの柄はなんでもいいですが、小さい柄がおすすめです。花柄も小さめのものにしましょう。特にストライプ柄は脚長効果も期待できますが、より小さめのストライプ柄にしましょう。ストライプが大きいと逆効果になるので要注意!

※「パンツ」には「ヒールのあるパンプス」を合わせるとより脚長効果アップ!

足元はスニーカーよりもヒールのあるパンプスのほうが脚が長く見えスタイルがよく見えるのでおすすめです。

〇「スカート」は丈が一番要注意!

スカートはふわっと女性らしく体系もカバーできるのですばらしい洋服ですが、よりスタイルよく見せるために改めて⑥つのポイントを押さえていきましょう。

①一番細い「足首」を見せて細いアピール

スカートもパンツ同様一番細い足首をみせることで全体も細く見えます。特にマキシ丈スカートのように足が全部見えないようなスカートよりもちょっと足首だけ見せるスカートにするほうが効果的なので買う時は試着も忘れずにしてください。

②「半端な丈」は逆に脚効果

これもパンツ同様「ひざ丈」や「ふくらはぎ丈」は逆に脚が太く見えるので「ひざ丈」や「ふくらはぎ丈」を買うのはやめましょう。もし買うなら「ひざ上のミニスカート」を買って、靴をヒールのあるパンプスにするとガーリーでスタイルアップなコーデになります。

③「ハイウエスト」で脚長効果

これもパンツ同様ハイウエストで着ることで脚長効果があります。パンツのハイウエストよりもスカートのハイウエストのほうがよりレトロでガーリーな印象になります!

④「膨張服」はスカートなら履いて大丈夫

スカートはもともとふわっとしていて体系カバーが出来ているので「膨張色」を着ても大丈夫です。むしろボトムスに赤や黄色や白を入れたいならパンツよりもスカートで入れたほうが良いですよ。

⑤「ベルト」を使ってひきしめ

ハイウエストのスカートに追加でベルトを使うとより引き締まるし、くびれも出来て女性らしいスタイルになります。少し前はコルセットのような太いベルトが流行りましたが、スタイルアップを求めるなら細ベルトのほうが良いです!今の流行りも細ベルトですよ!

⑥「柄は小さめ」でスタイルアップ

スカートもパンツ同様、柄は小さめのほうがスタイルアップになります。特にスカートはストライプ柄よりも花柄のほうがスカートに合っていてガーリーで可愛いコーデになります!

〇まとめ

改めてスカートとパンツに言える、着痩せコーデのポイントをご紹介します!

  1. 一番細い「足首」を見せて細いアピール
  2. 「半端な丈」は逆に脚効果
  3. 「ハイウエスト」で脚長効果
  4. 「膨張服」は着太りするから避ける
  5. 「ベルト」を使ってひきしめ
  6. 「柄は小さめ」でスタイルアップ

以上です!こちらの⑥つのポイントをおさえればきっとあなたも着痩せコーデの達人になるのでぜひ参考にしてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)