治したいなら見てください!目の下のクマの種類と対処法

こんにちは彩です(‘ω’)

みなさんは目の下のクマ🐻を気にしたことがありますか?クマ🐻があるだけで疲れている顔に見えたり、老けた顔に見えたりしますよね😢

友達
クマあるようになんて見えないよ?

と友達に言われても自分が気にしちゃったらずっと気になっちゃいますよね!

目の下というのは皮膚が薄く、刺激するとすぐ皮膚に影響します。また、たくさんの毛細血管が走っているので疲れなどで血流が悪くなるとすぐお肌に反映されてしまいます。

なので目の下のクマ🐻で悩んでいる女性は3人に1人という高い割合でいらっしゃるんです。

ということで今回は目の下のクマ🐻が出来る原因と解消方法をご紹介したいと思います!

①クマ🐻の種類と特徴!3つありそれぞれに特徴があります

みなさんは目の下のクマ🐻にも種類があるのをご存知ですか?

大きく分けて3つあります。

〇青クマ

一番多くの方がこのクマ🐻で悩んでいます。よくマンガやドラマで寝不足の主人公が目の下にクマ🐻をつけてますが、それはだいたい青クマです

見分け方は、

  • 目尻を引っ張ると色が薄くなる
  • 日や時間で濃くなったり、薄くなったりする(毛細血管の関係)
  • ファンデーションを塗っても薄くならない
  • 色白の方に多い

ことです。

原因は、睡眠不足や疲労、ストレスによる血行不良で毛細血管の色が悪くなると薄い皮膚からその青っぽい色が見えることで起こります。そのためパソコンやスマホをいじりすぎるとより目に刺激を与えることになり青クマを長続きさせることになりかねません。

〇茶クマ

目の周りが茶色っぽくくすんでいる方はこの茶クマに該当します

  • 目尻を引っ張っても色が薄くならない
  • ファンデーションを塗ると薄くなる
  • 日焼けした際、赤くなるけどその後黒くならない方が多い

ことが特徴です。

色素沈着が原因です。目はデリケートなところなのですが、洗顔やメイク、紫外線など日頃から刺激を与えまくっている部分でもあります。その結果メラニン色素を蓄積し、色素沈着を起こしてしまうと茶クマになってしまいます。ですので、紫外線のダメージや花粉による目のこすりすぎ、メイク落としでの目の擦りすぎによって悪化させてしまいます。

〇黒クマ

黒クマは目の下のたるみが影になり黒っぽく見えてしまうことで起きるクマ🐻になります

  • 上を向いて光を当てると色が薄くなる
  • 目が大きい、目鼻立ちがくっきりしている人に多い

ことが特徴です。

皮膚のたるみが原因になります。加齢により目の筋肉の動きが衰え、たるみやゆるみを誘発します。より老けた印象をつくってしまいますね😢またむくみが続くことで皮下脂肪が下がり影が大きくなり、より黒クマを悪化させてしまうこともあります。

ちなみに黒クマには2種類あり、加齢により目の周りの脂肪が委縮することで皮膚のへこみが目立ち影が出来るタイプと、加齢により目の下の脂肪を支えている筋肉が衰え、その脂肪が出てきて目袋になるタイプがあります。2つ目のタイプは私のおばあちゃんや近所のおばちゃんがこんな感じでしたね。

このように目の下のクマ🐻にも3種類あります。あなたはどれに該当しましたか?では次の項目で種類に応じた解決方法をご紹介します。

②青クマの予防と解消方法

青クマは血行不良が原因ですので『目の疲れをとる』ことが一番の解消法です。

パソコンやスマホのいじりすぎは控えましょう。

そしてホットタオルで目を温めることが大切です。入浴時にはしっかり湯船に入って体を温めてください。

食事面は、生姜など体が温まるものや鉄分を多く含むレバーなどを食べるといいでしょう。カシスは特におすすめです🌟カシスに入っているポリフェノールには血行促進効果があるため目の周りの血流も良くしてくれます✊

またツボ押しやマッサージも効きます!しかし、押しすぎはメラニン色素を沈着させ茶クマになりかねないので薬指の腹を使って優しく目の周りを垂直に押さえてください。青クマに効くツボは眉毛の内側の付け根(さん竹)目頭と鼻の間のへこみ(清明)というところがあるので優しく押さえるようにしてくださいね。

🌼ちなみに🌼青クマをメイクで隠したいのならアプリコットカラーオレンジ色)のコンシーラーがおすすめですよ!

③茶クマの予防と解消方法

紫外線ケアと美白ケアを行うのが一番です。

紫外線は冬でも降り注いでいるので、外に出るときは日焼け止めを欠かさないことです。

美白ケアは、ビタミンC誘導体などの美白成分の入った化粧品でスキンケアを行ってください。※乾燥は禁物です。

またメイクの洗い残しは色素沈着をおこすのでクレンジングや洗顔でしっかり落としてください。しかし、こすりすぎはダメです。難しいところですがお肌に負担をかけないように自分に合ったクレンジングオイルやスキンケア商品を選んでくださいね🌟

🌻ちなみに🌻茶クマにはイエローのコンシーラーをつかってください!

④黒クマの予防と解消方法

黒クマは皮膚のたるみが原因なので日頃からマッサージやトレーニングを行うと良いでしょう。目をギュッと閉じて、パッと開ける運動をしたり目の周りを優しくマッサージすればたるみ防止につながります👀

もしもコンプレックスで大幅な改善をしたいのなら美容医療も選択肢の一つです。

悪化させないためにも使ってほしい化粧品にはコラーゲンの産生をサポートする成分が配合されたものがおすすめです。コラーゲンを増やすにはコラーゲン自体を摂取するのではなく、コラーゲンを作る線維芽細胞を活性化させる成分を取り入れるのが効果的です🍃

そんなエイジングケア化粧品には

  • ビタミンC誘導体
  • ビタミンA誘導体
  • ナールスゲン
  • ネオダーミル

などがあるので、参考にしてみてください!

🌹ちなみに🌹黒クマにはベージュ系やオークル系のコンシーラーがおすすめです!

⑤コンシーラーの塗り方

  • 青クマさんにはアプリコットカラー(オレンジ系)を
  • 茶クマさんにはイエロー系を
  • 黒クマさんにはベージュ系やオークル系を

使って指で優しく塗ってください。

クマが消えないからと言って厚塗りしすぎないようにしてください。薄くのせてフィットさせると時間が経ってもよれたりせず、キレイなままキープ出来ます!

目のキワにのせるのではなく、クマ🐻が一番濃い部分にライン状においていき、指の腹で優しくなじませましょう。

⑥最後に

クマ🐻の種類とその対処法についてお話ししました。種類によって原因や解消方法も違いますので、適した方法で予防や解消を行ってくださいね(^▽^)/

少しでもクマ🐻で悩む女性が減りますように☆彡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)